用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【パスワード】

 主に、コンピュータ・ネットワークを利用(ログイン)するとき、ユーザーIDとペアで入力する記号。ここでいうネットワークには、会社や学校のネットワークだけでなく、一般のプロバイダーも含まれる。IDとパスワードが一致していれば、たとえ別人でも本人と見なされる。そのためパスワードは、絶対に他人に教えてはいけない。

 また今は、自分のパソコンを他人に勝手に使われないように、パソコンを起動するときユーザー名とパスワードを入力するよう設定されていることも多い。特に、仕事で使うノートパソコンでは必須の措置といえる。

 また、同じ理由で、スクリーンセーバーから通常の画面に戻るときパスワードを入力するよう設定したり、文書ファイルなどを開くためのパスワードを設定することもできる。

 さて、ネットワークの話しに戻って、一般のプロバイダーの場合、他人にパスワードを知られて、本人になりすまして悪用されても救済されない。利用料金も本人に請求されるし、いたずら電子メールなどを送られても取り消すことができない。パスワードの管理を怠った本人の責任ということになる。

 パスワードは、銀行口座のキャッシュカードの暗唱番号と同じくらい大事なものだ。会社などで、自分のIDとパスワードを付箋紙に書いてディスプレイに貼っているなんていうのは無防備この上ない。

 しかも、ひとりで複数のネットワークを利用している場合、同じパスワードを使っていることが多い。そのため、ひとつバレると他のネットワークも悪用される可能性が高い。

 こうしわ煩わしい状況を解決するために、一組のユーザーID とパスワードで複数のサービスを利用できる仕組みも普及してきた。これを、シングルサインオンという。

 パスワードは随時、自分で変更できるので定期的に変える方がいいとされている。その際、名前や一般名詞など類推されやすい単語は避ける必要がある。世の中には、他人のパスワードを探すソフトなんてものがあって、これには一般単語またはその組み合わせ、人名などを片っ端から自動的に入力してみるという手法が使われている。詳しくは、不正アクセスのページで。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top