用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【バーチャル・プライベート・ネットワーク】

  • VPN
  • 仮想専用線
  • 仮想私設網

 VPNは、Virtual Private Network(バーチャル・プライベート・ネットワーク)の略。日本語で「仮想専用線」とか「仮想私設網」と呼ぶこともある。

 Virtual は一般に「仮想の」と訳すことが多いけど、本来は「事実上の」といった意味。この場合の Private Network は、一般に専用線などと呼る通信回線のこと。

 たとえば、企業の本社と支社が内線電話で結ばれていることがある。あるいは、本社のLANと支社のLANが、WANとして接続されていることもある。さらに、特定の取引先と受発注データの交換などのため、コンピュータ・ネットワークが作られていることもある。こうした場合、通信会社から24時間つながりっぱなしの、その会社専用の通信回線を借りている。そして、これを専用線と呼んでいる。

 専用線は、いくら使っても(あるいは使わなくても)料金は同じ。そのため、送受信するデータ量が多ければ便利なものだ。また、その会社専用の通信網になるので大事なデータを送受信しても、それが漏れたり盗まれたりする可能性が小さい。一方、個人や小規模オフィスで使うには料金が高い。大きな企業でも、小さな営業拠点まで専用線で結ぶとコストがかかる。

 そこで注目されているのが、VPNという通信サービスだ。これは、インターネットなど誰もが使う通信網を使って、事実上、専用線と同じサービスを提供するもの。専用の回線を24時間確保しておくわけではないので、従来の専用線よりかなり安く利用できる。

 しかしインターネットで、そのまま大事なデータを送受信すると途中で傍受される可能性がある。そのためVPNでは、接続する双方の拠点に、データを送り出すときは自動的に暗号化して、受け取った側では自動的に元に戻す仕組みを用意する。また、特定の機器だけがデータを送受信できる仕組みを使うことで、どんなデータが送受信されているか部外者に分からないようにすることもできる。このあたり、トンネリングやIPsecのページも参照してほしい。

 また、パソコンにVPN対応の機器を取り付けることもできる。これによって、出先や自宅から一般の電話回線を通じて会社のLANに接続する場合も、VPNとして通信することが可能になる。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top