用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【バーコード】

 スーパーやコンビニのレジでは、商品のパッケージに印刷された縞模様を機械で読み取っている。この、縞模様をバーコードという。

 バーコードは普通、太い線と細い線の組み合わせで数字を表している。線と線の間隔も、太い部分と細い部分があって、これも数字を表すために使われている。

 バーコードには、数字の表し方のルールによって、さまざまな体系がある。最も目にする機会が多いのが、日本中で販売されている食品や日用品に付いている JANコードと呼ばれるもの。JAN は、Japanese Article Number の略。

 JANコードは 13桁の数字を表した標準タイプと、8桁の数字を表した短縮タイプがある。13桁の場合、最初の 2桁が国番号(日本は49と45)、次の5桁がメーカー番号、次の5桁がアイテム(商品)番号、最後の1桁がチェックエディットになっている。チェックエディットは、読み間違いを防ぐための番号。

 このほか、特定の業界の中だけで通用するバーコードや、特定の企業内だけで通用するバーコードもある。

 バーコードを読み取る機械をバーコードリーダーという。また、独自のバーコードを作ったり印刷するためのソフトもある。

 このほか最近は、2次元バーコードというものも使われている。2次元バーコードは、従来の縞模様のバーコードとは見た目がかなり違う。また、記録できる情報量が多い。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top