用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【バッファ】

 CPUが処理したデータを一時的に保存する部品、あるいは機能。

 パソコンの中のデータ処理とか、データの行き来というのは人間が読み書きするのと比べると、とんでもなく速い。ところが実は、部品や機能によって、かなりの速度差があるんだ。

 一番速いのは、なんといってもCPU。次は、CPUとメモリー(キャッシュメモリーやメインメモリー)との間。ハードディスクのデータの読み書きとか、プリンタへのデータ転送は、かなり遅い方だ。

 で、CPUが処理したデータをハードディスクに書き込んだり、プリンタに送ったりするとき、相手の速度に合わせていると、その間、CPUが遊んでいることになる。

 だったら、処理が終わったデータを、とりあえず読み書きが速いメモリーに移して、メモリーからハードディスクやプリンタにデータを渡しましょう。そしてCPUには、別の仕事を始めてもらいましょう、ということにした。

 このためのメモリーをバッファという。専用のメモリーを使うこともあるし、いわゆる普通のメモリー(メインメモリー)の一部を使うこともある。

 同じような機能に、スプールというのがある。バッファの場合は、どちらかというと物理的な仕組みを表すことが多い。スプールの方は、データを一時的に保存するという行為を指すイメージが強い。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top