用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【バックアップ】

 いざというときのために二重に保存しているデータ。あるいは、データを二重に保存すること。

 たとえばハードディスクが壊れて、データを読み書きできなくなったとしよう。この場合、ハードディスク自体は新しいものに付け替えることができるし、ソフトは再インストールすればいい。設定をやり直したり、いろいろ面倒だけど、元に戻せるわけだ。

 しかし、自分で作ったデータ(文書や画像など)や電子メールの記録は取り戻せない。そのため、ハードディスクだけではなく、書き込み可能な CD、DVD、ブルーレイ・ディスク といった別のメディアにもデータを保存しておく。これがバックアップ。ハードディスクが壊れたら、これらのメディアから必要なデータを呼び出せばいい。

 だったら「最初から DVD-R に保存すればいいじゃないか」と思う人もいるかもしれない。しかし、DVD-R だけに保存したのでは意味がない。ハードディスクと DVD-R(ほかの記録メディアでもいい)の両方に保存してあることが重要だ。一方がダメになっても、もう一方が残る。

 バックアップの方法として、大事なデータを複数のハードディスクに保存する手もある。2台のハードディスクが同時に壊れることは、ほとんど考えられない。この方が、DVD-R などを管理するより簡単だ。

 実際、コンピュータ・ネットワーク(LAN)で共有情報を蓄積するサーバーというコンピュータでは、ミラーリングといって自動的に二重保存するようになっていることが多い。

 ただし地震や火事の場合は、2台のハードディスクを同時に失うこともある。そのため特に大事な業務データなどは、地理的に離れた場所に設置したハードディスクにバックアップすることが推奨されている。

 また今は、クラウド・コンピューティングが実用化している。つまり、インターネットを通じて接続可能なコンピュータのどこかに、自分のデータを預けておく。そして、必要なときに必要なデータを必要な機器で手元に引き出すといったことが可能だ。

 なお通信回線でも、メインの回線が止まった場合に備えて予備として用意しておく回線をバックアップ回線という。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top