用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【バックアップソフト】

 ハードディスクの故障やシステム(基本ソフト)の不調に備えてデータを二重保存するためのソフト。いざというときに備えて、データを二重保存することをバックアップという。

 自分で作った文書や画像などのデータは、比較的簡単にバックアップできる。パソコンに内蔵のハードディスク以外のドライブやディスクにファイルをコピーすればいい。毎回、手作業でコピーするのは面倒だけど、いざというときのためにマメにやっておこう。

 しかし、ウィンドウズが入っている Cドライブをコピーすることは通常できない。常に、ウィンドウズが使用中の項目があるからだ。そのため、Cドライブ全体をバックアップするためには専用のバックアップソフトが必要になる。

 Cドライブ自体のバックアップを取っておくと、ハードディスクが故障した際も、簡単に元の状態を取り戻すことができる。また、新しいソフトなどを入れた結果、ウィンドウズ自体が不調になったときもバックアップデータを使って元の状態に戻すことができる。

 バックアップデータの保存先は、CD-RやDVD-R、外付けハードディスクなどが一般的。Cドライブから起動できなくなったら、あらかじめ作成しておいた起動ディスク(起動用フロッピーディスク)からパソコンを起動し、バックアップデータを読み込む。

 バックアップ先がCD-R や DVD-Rの場合は、CD や DVD 自体から起動できるようにすることも可能だ。このような CD や DVD を、ブータブルCD やブータブルDVD と呼ぶ。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top