用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【バス】

 パソコンの中の、データの通路のこと。パソコンの中では、ハードディスクからメモリーへ、メモリーから CPU へといった具合に、いつもデータが行ったり来たりしている。そのデータの通り道がバスで、内部バス、外部バス、拡張バスといった分類がある。

 内部バスは、CPU 内部のデータの通路。CPU の中にも、キャッシュメモリーなどデータを一時的に記録しておく場所があって、そこと実際に計算などをする場所をつないでいるのが内部バス。

 外部バスは、CPU とメモリー、内蔵ハードディスクなどをつなぐ通路。名前は「外部バス」でも、パソコン本体の中にあるバスだ。つまり、CPU の内か外かが、内部バスと外部バスの境目になっている。

 もうひとつの拡張バスは、拡張ボードを接続するための規格。PCIバスやISAバスといった種類があった。ただし、ISAバスは事実上すでに役割を終えている。最近は、AGP や PCIエクスプレスといった具合に、名称に「バス」が付かなくなっている。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top