用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【バイラル・マーケティング】

 バイラル・マーケティングのバイラル(viral)は、「ウイルスの」「ウイルス性の」という意味。転じて、「次々と感染していく」とか「伝播力が強い」といった意味で使われている。

 従来、商品の宣伝をする方法はマス広告が中心だった。新聞・雑誌・テレビ・ラジオといったマスメディアを通じて宣伝する。あるいは、ダイレクトメールや電話勧誘のような方法もあった。しかし、いずれも企業側が不特定多数の見込み客に数打つ方法である。

 これに対してバイラル・マーケティングは、“口コミ”や“紹介”によって商品の良さを伝えていく手法である。

 ある商品やサービスを利用した人は、それが良いと思うと友人や知人に薦める確率が高いという。それを聞いた友人が同じ商品を使い、良いと思えばまた別の友人に紹介していく。こうして口コミで人気が広がっていくのが、典型的なバイラル・マーケティングである。

 しかし実際には、そう簡単に成功するものではない。そのため、友人に紹介してくれたら、ちょっとしたプレゼントをあげるとか、特典を用意するといった方法で、より積極的に紹介を広げていくケースが多い。これも、バイラル・マーケティングである。

 従来のマス広告だと、ターゲットに的確に商品情報を伝えるのが難しかった。しかし、バイラル・マーケティングは、最初からその商品に関心が高そうな人に情報が伝えられていくので効率がいい。

 インターネットは、こうした口コミや紹介による宣伝がやりやすい、起こりやすいメディアとされている。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top