用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ハードウェアフロー制御】

 まずフロー制御だけど、たとえばパソコンと周辺機器、通信機器などの間でデータを送受信するとき、データ処理が間に合わなくなった場合に備えてデータ送信を一時的に止める信号を送ることができる。これを、フロー制御という。

 フロー制御には、ハードウェアフロー制御とソフトウェアフロー制御の2種類がある。

 データ送信に使うケーブルの中に、データ送信用とは別にフロー制御専用の信号線を入れておく方式をハードウェアフロー処理という。そして、フロー処理が必要なときはこの信号線を使って送信を止めたり再開したりするための信号を送る。

 ハードウェアフロー処理の場合、データ用の信号線をフルにデータ送信に使える一方、機器やケーブルが少し複雑になる。とはいえ今は、多くの機器がハードウェアフロー制御の仕組みを備えている。

 一方、送受信するデータの中に制御用の信号を混ぜる方式をソフトウェアフロー制御という。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top