用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ハニーネット】

 わざとハッカーやクラッカーに不正アクセスさせて、その手法を分析したり、重要な情報システムから目をそらすための囮(おとり)のコンピュータをハニーポットと呼ぶ。その、ネットワーク版がハニーネットだ。

 意図的にセキュリティを甘くしたコンピュータ・ネットワークを構築して、そこにハッカーやクラッカーを誘い込む。そして、どうやって不正アクセスするか、中でどんな行動をするか監視する。

 あるいは、そうやって囮のネットワークに誘い込んでムダな時間を使わせて、重要なネットワークに侵入されないようにする目的もある。

 囮とはいえ、ネットワークというからには複数のコンピュータや通信機器で構築されていると思うだろう。しかし実際は、1台のコンピュータの中に作られた仮想ネットワークでもかまわない。上手に作れば、不正アクセスしているハッカーも気がつかない。

はの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top