用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ノートPC】

  • ノートパソコン
  • ラップトップPC

 ノートパソコンは、小型で持ち運び可能なパソコン。ノートPC でも意味は同じ。フタを開けると、本体にキーボードが埋め込まれていて、フタの裏側が液晶ディスプレイになっている。

 英語では、ラップトップPC ということが多い。ラップトップ(Laptop)は「膝の上」という意味。ただし狭義では、今のようなノートパソコンの前に登場した、かなり大きな可搬型パソコンをラップトップ型と呼んでいた。

 さて、かつてパソコンといえばデスクトップパソコンのことで、ノート型は少数派だった。しかし最近は、国内出荷台数の 3分の2 をノート型が占めている。世界的にも、半数を超えた。

 ノートパソコンには、デスクトップ型に比べて性能が低いのに値段が高いという問題があった。この傾向は今もあるけど以前ほどではない。また、光学ドライブなども標準装備されるようになって、普通に使うには不自由はない。

 ノートパソコンというと、常に持ち歩くもの、と思っている人がいるかもしれない。しかし、光学ドライブまで付いた普通のノートパソコンは百科事典くらいの大きさがある。重さが 3kg以上ある機種もあって、いつも鞄に入れておくのは大変だ。

 そのため、こうしたタイプは、会社や家に置いて使い、必要があれば場所を移せるといった位置づけ。実際、置き場所をとらないデスクトップパソコンとして使っている人が多い。このような大柄なタイプを、一般にオールインワン型とかデスクノートと呼ぶことがある。

 一方、頻繁に持ち歩きたい人のためにモバイルノートがある。このタイプは本体サイズも小さく、重さも 1kg台が多い。そのかわり、光学ドライブなどが省略されているケースがある。

のの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top