用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ノイズ】

 「雑音」という意味。本来の英単語(noise)では、街中の雑踏や車の騒音もノイズ。ただし、コンピュータや通信、家電も含めた電気製品の世界では一般に、電気信号や電波の乱れをノイズということが多い。

 たとえば、一般の電話や携帯電話で通話中にザザッという音が入ったり、ラジオやテレビの音が乱れたりしたとき「ノイズが入った」なんていう。これらは本当に雑音として聞こえるけど、実際には電気信号や電波が乱れたり途切れたりしたことが原因だ。

 テレビやパソコンの画面が乱れることもある。これも、映像や画像を送る電気信号や電波の乱れが原因になっていることが多い。

 このほか、デジタルカメラで撮った写真や、グラフィックソフトで画像処理した写真に現れるザラつき(画像の荒れ)もノイズと呼ばれている。こうしたザラつきが出る理由はいろいろあるのだけど、その原因のひとつとして画像データの乱れがある。

 以上のノイズは、耳で聞いたり目で見たりできる。しかし実際には、このように人間が直接確認できない電気的なノイズがたくさん存在(発生)している。

 たとえば、コンピュータや通信機器、電気製品やその部品から、乱れた電波や、電気信号を乱すような電磁波がたくさん出ていて、これらもノイズと呼ばれている。そして実際には、こうしたノイズの影響で雑音や画像の乱れが発生していることが多い。

のの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top