用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ノア型フラッシュメモリー】

  • NOR型フラッシュメモリー

 データやプログラムを保存するために使われている、フラッシュメモリーの一種。NOR は「ノア」と読む。

 フラッシュメモリーは大きく、NOR型フラッシュメモリーと NAND型フラッシュメモリーに分けることができる。デジタルカメラや携帯音楽プレーヤーなどに入れて使うメモリーカードは通常、NAND型だ。

 一方、NOR型は、電子機器のファームウェアなどを保存する ROM の代わりに使われることが多い。

 携帯電話の場合、写真や音楽を保存するために追加するメモリーカードは NAND型だけど、携帯電話自体の機能を提供するプログラム(ソフトウェア)は、本体に組み込まれた NOR型のメモリーに記録されていることが多い。

 データの書き込みは NAND型の方が速いけど、読み出しは NOR型の方が速い。また、NAND型の方が容量を大きくしやすい反面、1ビット単位の読み出しができない。一方、NOR型は1ビット単位でデータを読み出すとこができる。さらに、NAND型より NOR型の方が読み書き可能な回数が多い。といった特徴がある。

 ただし最近は、どちらも改良が進んでいて、NOR型フラッシュメモリーも大容量に対応してきている。

のの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top