用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ネットMD】

  • NetMD

 パソコンの中に記録されている音楽データを MD にコピーしたり、そのデータを MD からパソコンに戻したりするための規格。

 最近は、MP3 や WMA といった技術が普及して、音楽CD の曲をパソコンに取り込んだり、インターネットの音楽配信サービスから音楽データを取り込んだりできるようになっている。

 で、その音楽データを、いわゆるメモリーオーディオプレーヤーと呼ばれる携帯型プレーヤーに移すと外出先でも聞くことができる。これはこれで便利なんだけど、それぞれのデータ形式に対応したメモリーオーディオプレーヤーを使わないといけない。

 しかも、メモリーオーディオプレーヤーは、スマートメディアやメモリースティックといったメモリーカードを使う機種が多い。メモリーカードは値段が高いので、複数のメモリーカードを差し替えて使うといったことがしにくい。つまり、パソコンの中に膨大な曲があっても、持ち出せる曲数が限られてしまう。

 ネットMD に対応した機器を使うと、パソコンの中に溜めた音楽データを MD に移すことができる。つまり、MD がメモリーカードの変わりになる。しかも、録音した MD は、従来の MDプレーヤーや MDLP対応のプレーヤーで再生できる。

 ただし、制約もある。まず、MD もネットMD もソニーが開発したもの。そのため、対応する音楽データ(圧縮形式)は、やはりソニーが開発した ATRAC3 だけ。そして、ネットMD 対応機器に付属していてる Open MG Jukebox というソフトを使って曲データの移動(書き出し/書き戻し=チェックアウト/チェックイン)をおこなう。これによって、コピー回数などが制限されて音楽の著作権が守られる仕組みになっている。

 メリットとしては、かなり高速でデータの書き出しができること。パソコンの性能や設定にもよるけど、音楽CD 1枚分のデータを数分から十数分で書き出せるという。また、CDDBというサービスにも対応しているので、曲名やアーチスト名を自動的に付けることも可能だ。

 ネットMD に対応した機器は、携帯型のプレーヤー、据え置き型のオーディオ装置、対応ドライブを内蔵したデスクトップパソコンやノートパソコンが発売されている。携帯型プレーヤーやオーディオ装置など外付けの機器は、USB 方式でパソコンと接続する。

ねの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top