用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ネットワークストレージ】

  • NAS
  • ナス
  • ネットワークハードディスク

 コンピュータ・ネットワーク(LAN)に直接つないで使うハードディスク。NAS(ナス)は、Network Attached Storage(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)の略。

 NAS のことを、ネットワークハードディスクとかネットワークストレージと呼ぶこともある。ストレージというのは倉庫のことで、コンピュータの世界では「情報を蓄えておく倉庫」といった意味だ。

 LAN でつながった複数のパソコンから同じハードディスクにアクセスしてデータを共有したいといった場合、普通はファイルサーバーというコンピュータを導入して、いつも起動させておく必要がある。企業などでは、今もこうした方法が広く使われている。

 NAS は、見た目は外付けのハードディスクと大差ないけど、その中に簡易的なファイルサーバーの機能が入っている。つまり、CPU や基本ソフトが入っていて、他のコンピュータと通信する機能やデータを管理する機能を持っている。

 NAS は一般に、TCP/IP という通信方式(プロトコル)でデータをやり取りする。TCP/IP は、LAN のほかインターネットにも使われている標準的な方式だ。この他に、NDAS という通信方式を使う機種もある。

 また、最近の NAS は USBポートを備えていて、そこにプリンタを接続すると共有プリンタとして使うことができる。さらに、外付けハードディスクを追加して容量を増やすことも可能だ。

 従来、NAS は企業向けの製品で値段も高かった。しかし最近では、かなり低価格な製品も普及して、個人で数台のパソコンでデータを共有するといった用途にも使えるようになっている。

 なお、NAS よりもっと多くのデータを共有・管理する仕組みとして SAN も注目されている。

ねの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top