用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ネットマスク】

  • サブネットマスク

 まず、一般の電話回線(アナログ回線)やISDNを使ってインターネットにダイヤルアップ接続している人、そして設定の中にサブネットマスクという言葉があったので気になってこのページを開いてくれた人は、せっかくだけど何も設定する必要ない。「IPアドレスをプロバイダー(ISP)から取得する」といった項目を選べば、サブネットマスクの欄は入力できない状態になっているはずだ。

 次に、自宅や小規模オフィスでパソコン数台から数十台のLANを組んでいて、なおかつダイヤルアップルーターやブロードバンドルーターを使ってインターネットに接続している人。この場合も、「DHCPサーバーからIPアドレスを自動的に取得する」といった項目を選んでおけば、サブセットマスクの入力はできないはず。自分で設定する必要はない。

 ただし、DHCPサーバー機能を持ったダイヤルアップルーターやブロードバンドルーターの設定をする場合は、サブネットマスクを255.255.255.0にしておくのが一般的だろう。普通は最初から、そうなっていると思う。

 DHCPサーバー機能を使わずに、各パソコンのIPアドレスを自分で設定するならサブネットマスクの入力が必要になる。この場合は、IPアドレスを192.168.1.1から初めて最後の数字だけ順に増やしていき、サブネットマスクを255.255.255.0にするのが一般的だと思う。

 さて、ではサブネットマスクとは何か。上記のように、IPアドレスは4つに区切られた数字の組み合わせで(IPv4の場合)、この中にネットワークの住所に当たる情報と、そのパソコン(サーバーやルーターなども含む)を識別するための情報が入っている。このあたり、詳しくはネットワークアドレスとホストアドレスのページを参照してほしい。

 で、サブネットマスクは、IPアドレスの中で、どこまでがネットワークアドレスで、どこからがホストアドレスか識別するために使われる。サブネットマスクを2進法で表記したとき、1になるところがネットワークアドレスを表して、0 になるところがホストアドレスになる。たとえば、255.255.255.0 を2進法で表すと、11111111 11111111 11111111 00000000 になる。

 とはいえ、一般のパソコンユーザーがサブネットマスクを設定する機会は少ない。あっても、普通は255.255.255.0しか使わないと思う。ただし、大きなネットワークやプロバイダーだと、255.255.0.0を使うこともある。逆に、小さなLANをたくさん作って個別に管理したいといった場合は、255.255.255.192といったサブネットマスクを使うこともある。

 サブネットマスクのことを単にネットマスクということもある。また、サブネットは本来、大きなネットワークを小さく分割したもの。

ねの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top