用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ネットビューイ】

  • NetBEUI

 ウィンドウズパソコン同士でLANを組み、データをやり取りするとき使う特殊なプログラムのひとつ。といっても、ウィンドウズ95以降には標準で付属しているので買う必要はない。ただし、使うときは設定が必要だ。

 LANを組んでデータをやり取りするには、プロトコルというものが必要になる。これは、パソコン同士がデータなどをやり取りするときに必要な約束事の集まりだ。

 NetBEUIは、ウィンドウズに標準装備されているプロトコルのひとつ。ただし最近は、インターネットで標準のTCP/IPというプロトコルを使うことが多くなって、NetBEUIを使うケースは減っている。

 NetBEUIを使ってLANを組むには、まずパソコンにLANカードを付けて(LAN用のコネクターがあれば不要)、ハブという機器を用意して、各パソコンとハブをイーサネットに対応したケーブルで接続する。

 その上で、コントロールパネル内の「ネットワーク」を開き、「ネットワークの設定」で、NetBEUIというプロトコルを追加する。これを、全部のパソコンでやる。そして各パソコンのユーザー名を登録して、ほかのパソコンに公開するフォルダを設定する。という作業が必要になる。

 はじめは、かなりめんどうだけど、一度ネットワークを組むと、すごく便利だ。複数のウィンドウズパソコンを持っていたら、ぜひやってみたい。

ねの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top