用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ネスケ】

  • Netscape
  • Netscape Navigator
  • ネットスケープ
  • ネットスケープ・ナビゲーター

 ネットスケープ・ナビゲーター(Netscape Navigator)は、かつてネットスケープ・コミュニケーションズ社が開発していたインターネットのウェブサイトを見るソフト、つまりブラウザー。

 製品名も会社名も、英語で書いてもカタカナで書いても長いので、会話では「ネスケ」と略すことが多かった。

 当初、ネットスケープ・ナビゲーターはウェブサイトの閲覧が主な機能だった。しかしその後、電子メールソフト(ネットスケープ・メッセンジャー)やネットニュースを読み書きする機能が加わって多機能化してきた。そのためバージョン4.0以降は、製品名がネットスケープ・コミュニケーターに変わり、ナビゲーターはその中のブラウザー機能だけを指すようになった。

 その後、2000年11月にリリースされた版は単にネットスケープ6 と呼ばれるようになった。この中に、ブラウザーのネットスケープ・ナビゲーター、電子メールソフトのネットスケープ・メール、インスタントメッセージ・ソフトのネットスケープ・インスタント・メッセンジャー、HTML文書を作るためのネットスケープ・コンポーザーなどが含まれていた。

 ネットスケープ・ナビゲーターは、かつて圧倒的なシェアを持っていた。しかしマイクロソフトが、インターネット・エクスプローラを無料で配布してシェアを拡大、それに伴ってネットスケープは衰退していった。今は、ファイアフォックスへの移行が推奨されている。

ねの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top