用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ナローバンド】

  • 狭帯域

 この言葉を理解する前に、ブロードバンドを理解してほしい。ブロードバンドは一般に、高速なインターネット接続サービスのこと。具体的には、ADSL や CATV(ケーブルテレビ)、光ファイバーなどの方法がある。

 ブロードバンドの反対がナローバンド(Narrowband)で、「送受信できるデータ量が少ない」といった意味。日本語では「狭帯域」という。Narrowは「狭い」という意味。

 従来、個人でインターネットに接続する場合、一般の電話回線(アナログ回線)や ISDN を使うことが多かった。これらの方法は通信速度が遅く、文字や画像の送受信はできても映像のように大きなデータの送受信はきびしい。

 今は、ADSL や光回線の普及によってブロードバンドが一般化しため、アナログ回線や ISDN など従来の回線を相対的な意味でナローバンドと呼ぶようになった。

 ただし帯域は、もともと通信速度を表す言葉ではなく、電波の周波数の幅を表す言葉。そして、電波の周波数の幅が狭い状態が、本来の狭帯域の意味になる。詳しくは、帯域のページを参照してほしい。

なの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top