用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ドロップ】

  • ドラッグ
  • ドラッグ&ドロップ

 マウスの操作のひとつ。一般的な例としては、パソコン画面上のアイコンを移動させるときに使う。

 動かしたいアイコンにマウスカーソル(画面上の矢印)を合わせて、ボタン(ウィンドウズパソコンの場合、普通は左ボタン)を押す。ボタンを押したままマウスを動かして、移動したいところへアイコンを持っていく。そして置きたいところでボタンを放す。

 カーソルを合わせて、ボタンを押しながら移動させるのがドラッグで「引きずる」という意味。そして放す(ボタンを放すと同時に、つかんでいたアイコンも放す)ことをドロップ(落とす)という。そして、この一連の操作をドラッグ&ドロップという。

 文章の一部を移動したい場合も、その部分を選択(反転)してドラッグ&ドロップで動かせることが多い。グラフィックソフトでは、図形や文字をドラッグ&ドロップで移動させる操作を頻繁に行う。

 なお、ワープロ文書や画像などのデータファイルを別のドライブにドラッグ&ドロップすると、通常はコピーされる。つまり、元のドライブとドロップしたドライブの両方に同じファイルがある状態になる。同じドライブ内だと、ファイルが移動する(保存場所が変わる)だけだ。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top