用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ドロップショッピング】

 オンライン・ショッピングの一形態。「直送販売」ということもある。

 オンライン・ショッピングでも普通は、販売する商品を仕入れて、ウェブサイトで宣伝して、それを見た人に販売する。つまり、在庫を持たないといけない。

 一方、アフィリエイト・プログラムという方法も存在する。これは、自分のサイトで商品を紹介するけど、実際の販売はリンク先のオンライン・ショッピング・サイトが行う。自分は紹介するだけなので、在庫を持つ必要がない。しかし、ビジネスとしての旨味は少ない。

 ドロップショッピングは、両者の中間を行く新しい方法とされている。まず、取り扱う商品を決める。そして、仕入れ値と売値を決める。ただし、在庫は持たない。

 そして、その商品を自分のサイトで紹介し、注文をとる。注文が来たら、メーカーに発注する。するとメーカーが、あなたの名前でお客さんに発送してくれる。お客さんからは、あなたのサイトから送られてきたように見える。

 ポイントは、自分で売値を決めて自分のビジネスができること。にもかかわらず、在庫を持つというリスクがない。

 ただし、顧客とメーカーをつなぐ細かな連絡が不可欠、まとめて大量に仕入れて原価を下げることができない、つまり仕入れ値が高くなる、キャンセルがあった場合の処理が難しい、といった面もある。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top