用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ドライブ】

 ディスクに情報を書き込んだり、読み出したりする装置。日本語では「駆動装置」と訳されることもある。

 たとえば、フロッピーディスクに情報を書き込んだり、読み出したりする装置はフロッピーディスク・ドライブと呼ばれたし、CD-ROM から情報を読み出す装置は CD-ROMドライブといった。MO(光磁気ディスク)なら MOドライブ、DVD なら DVDドライブだ。ハードディスクも、正確にはハードディスク・ドライブという。

 さて、ウィンドウズパソコンでは、Aドライブ、Cドライブといったいい方もする。これは、そのパソコンに付いているドライブに対して、一定のルールに基づいて順にアルファベットを割り付けたもの。このアルファベットを、ドライブレターという。

 現在、一般的なウィンドウズパソコンは、Aドライブ、Bドライブがなく、ウィンドウズが記録されているハードディスクが Cドライブになる。ほかにもハードディスクがあれば、その後に続く。さらに、その後に光学ドライブ がくる。Aドライブと Bドライブが空いているのは、かつてフロッピーディスク・ドライブが 2つあったころの名残とされている。

 かつて NEC から発売されていた PC-98シリーズは、ウィンドウズが記録されているハードディスクが Aドライブ。その後に、その他のハードディスク、フロッピーディスク・ドライブ、CD-ROMドライブと続いた。

 ただし緊急時などに、起動用フロッピーディスクからパソコンを立ち上げると、フロッピーディスク・ドライブが Aドライブになった。これは、パソコンに必要な起動用データ(基本ソフトなど)を読み出したドライブが Aドライブになる、というルールだったためだ。

 なおハードディスクの場合、実際にはひとつのハードディスクでも、パーティションを切って複数のドライブとして使うことがある。この場合は、別々のドライブとしてアルファベットが割り付けられる。

 なお、このようなドライブの構成は画面左上あたりにあるマイコンピュータのアイコンを開くと見ることができる。

 マッキントッシュの場合、ウィンドウズパソコンほどめんどうな約束はない。しかし、ドライブという概念は、ときどき出てくる。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top