用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ドライブレター】

  • ドライブ文字

 ウィンドウズパソコンでは、各ドライブに(C:)ドライブ、(D:)ドライブといった具合にアルファベットが割り振られている。このアルファベットを、ドライブ文字とかドライブレターと呼ぶ。

 ドライブレターには、ある程度の規則性がるけど、あとから変更することもできる。

 かつて、パソコンがフロッピーディスク・ドライブを搭載していたときは、これがA:だった。2台目のフロッピーディスク・ドライブがあれば B:だったけど、フロッピーディスク・ドライブが 1台のときは B:は空いていた。今は、A:もB:も空いているのが普通だ。

 C:ドライブは、通常、ウィンドウズが入ったハードディスク・ドライブになっている。2台目のハードディスクを内蔵していると、それが D:になる。しかし、2台目のハードディスクが外付けだと、光学ドライブが D:になっていることもある。

 さらに、メモリーカードや各種リムーバブル・ディスクがあると、E:以降に続いていく。

 ウィンドウズのバージョンによって制限があるものの、ハードディスクや光学ドライブのドライブレターは後から変更できることが多い。

 しかし、ソフトウェアが入ったハードディスクのドライブレターを変更すると、そのソフトの保存先までのパスが変わってしまうので起動しなくなる。ハードディスクのドライブレターは、あとから変更しない方がいい。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top