用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ドライブベイ】

  • ベイ

 パソコン本体の中にある、ハードディスク、フロッピーディスク・ドライブ、光学ドライブなどを取り付ける場所のこと。

 デスクトップパソコンには普通、複数のドライブベイが用意されている。ただし、今のパソコンには、ハードディスクや光学ドライブが標準装備されているて、空きスペースがないことも多い。

 ノートパソコンの場合、自由に使えるドライブベイはないのが普通だ。ただし、かつては予備のバッテリーと内蔵型 CD-ROMドライブを交換できるようになっている機種もあった。この場合、そのスペースをドライブベイと呼ぶことがある。

 デスクトップパソコンのドライブベイには、3.5インチと 5インチの 2種類がある。かつてフロッピーディスク・ドライブは 3.5インチベイを使った。光学ドライブは 5インチベイを使う。ハードディスクは、3.5インチサイズが普通だけど、パソコン本体内の状況に応じて 5インチベイに付けることもできる。

 また、ノートパソコンは 2.5インチサイズのハードディスクを使用していることが多い。これに対応したドライブベイがあれば、2.5インチベイということになる。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top