用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ドメイン名】

  • ドメイン

 インターネットでいうドメインは、企業や学校、団体などの組織を識別するための記号。この記号をドメイン名ともいう。

 たとえば、一般的な企業のホームページのURLは「http://www.*****.co.jp/」となっていることが多い。もちろん実際には、「*****」の部分は、その会社の名前や略称になる。

 そして、この中の「*****.co.jp」がドメイン名になる。その会社に電子メールを送るときは、宛先が「abcdefg@*****.co.jp」といった感じになって、ここにもドメイン名が含まれている。この「*****.co.jp」、つまりドメイン名は、その会社のインターネット上の住所と社名のようなものだ。

 「co」の部分は組織の種類を表していて「co」は一般企業という意味。政府機関なら「go」、大学などの教育機関なら「ac」、プロバイダーなどネットワークサービスの提供者は「ne」になる。ただし、プロバイダーは以前「or」を使っていたので、今も「or」のままのこともある。

 最後の「jp」は日本(japan)を表している。もちろん、国が変われば記号が変わる。たとえば、イギリスなら「uk」、中国なら「cn」になる。ただしアメリカの場合は、インターネット発祥国という関係もあって、国を表す記号を付けないことが多い。たとえば、アメリカで取得した一般企業のドメイン名は「○○○.com」という感じ。最後の記号をトップレベル・ドメインといってTLDと略す。

 つまりドメインは、右側に行くほど大きな括りを表している。そして逆に、それぞれの括りのすぐ左側にある記号をサブドメインという。

 こうしたドメイン名は、世界で唯一のものでないといけない。そのため、ドメインを管理する団体があって、そこに登録してドメインを取得する。もちろん、他の団体が使っているドメイン名は登録できない。基本的には早いもの勝ちだ。

 従来、ドメイン名は半角英数字のみだったけど、最近は日本語も登録できるようになってきた。詳しくは、日本語ドメインのページで。また同様に、中国語や韓国語のドメイン名も登録できるようになった。

 さて、人間は普通、ドメイン名でホームページや電子メールの宛先を見ているけど、コンピュータは4つに区切られた数字でインターネットに接続されたコンピュータを識別してきた。この数字を「IPアドレス」といって、ドメイン名とIPアドレスが対応するようになっている。そして、ドメイン名からIPアドレスを自動的に探し出すしくみを「DNS」という。詳しくは、IPアドレスおよびDNSのページで。

 なお、インターネット上で使われるドメイン(ドメイン名)とは別に、コンピュータ・ネットワーク(LAN)を構築するときにもドメインという言葉や考え方を使うことがある。この場合のドメインは、ネットワークを管理するために部署などの単位で分けたグループのこと。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top