用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ドミナント規制】

 主に、大きなシェアを持つ通信事業者を対象としたルール。ドミナント(dominant)は「支配的な」とか「優勢な」といった意味で、ドミナント規制のことを支配的事業者規制ということもある。

 ドミナント規制には2種類あって、固定電話で50%以上のシェアを持つNTT東日本/西日本が第一種指定電気通信事業者に指定されている。そして、携帯電話の分野で25%以上のシェアを持つ NTTドコモと au が第二種指定電気通信事業者に指定されている。

 ドミナント規制の目的は、大きなシェアを持つ企業がその力を使って反競争的な行為をしないようにすること。そして、公正な企業間競争を促進すること。

 そのため対象となる通信事業者は、接続約款(他の通信事業者との接続ルール)などを総務省に提出して公開ないといけない。そして、それに対して他の業者が意見書を出したり、不適切と判断される内容に対して総務省が改善を指示したりできる。

 なお、ドミナント規制は日本だけのものではなく、アメリカやヨーロッパでも導入されている。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top