用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【トロン】

  • TRON

 日本で提唱、開発されてきたコンピュータの仕組み。その構想やプロジェクト、あるいは実際に開発された基本ソフトを指すこともある。TRONには、超小型コンピュータから超大型コンピュータまで、同じ仕組みで統一しようという基本理念がある。

 TRON は The Real time Operating system Nucleus の略で「トロン」と読む。1984年に東京大学の坂村健博士が提唱して、トロン協会という団体が実際の規格づくりなどを進めている。トロン協会には、多くの日本企業や大学が参加している。

 TRONには、機器や機械に組み込んで使うITRON(IはIndustrialの略)、パソコンやワークステーションなどOA機器のためのBTRON(BはBusinessの略)、通信用のCTRON(CはCommunication / Centralの略)といった種類がある。

 BTRONに対応したパソコン用のCPUや基本ソフトも開発されているけど、残念ながら広く普及はしていない。その背景には政治的な影響もあったといわれる。一方、組み込み用のITRONや通信用のCTRONは、カーナビや携帯電話などへの利用が広まっている。

 TRON自体は、日本のコンピュータ界では有名なもの。注目されたり下火になったりしながらも、めんめんと生き残っている。そして実は、家電や携帯電話、工業用機械などの分野で広く使われている。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top