用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【トロイの木馬】

  • ワーム

 コンピュータウイルスの方式のひとつ。コンピュータウイルスについては別のページで説明しているので必要に応じて見てほしい。

 トロイの木馬と呼ばれるウイルスは、一見、普通のプログラム(ソフト)のように見える。そして、これが電子メールなどで送られる。そのため受け取った人が、うっかりパソコン(コンピュータシステム)に入れてしまう。あるいは、実行してしまう。

 すると、そのウイルスが勝手にパソコンの中のプログラムを書き換えたり、データを削除したりする。そして、変なメッセージが出るようになったり、最悪の場合はシステムが壊れたりする。あるいは、あとで不正アクセスの手助けをしたり、ほかのコンピュータを攻撃したりする。

 語源は、もちろんギリシャの詩人ホメロスの叙事詩に登場する「トロイの木馬」だ。ギリシャの兵士が潜んだ木馬を城内に入れたというトロイ戦争の話。ユーザーの目を欺いてパソコンに侵入し、あとで被害を与えるという方式が、敵の目を欺いて兵士を送り込み、夜中に中から奇襲攻撃をかけるという作戦と似ている。

 ワームは、さらに自己増殖機能を持った厄介なウイルス。たとえば、電子メールソフトに登録してある電子メールアドレスに、勝手に自分の分身を送る。そのため、次から次へ、アッという間に世界中に被害が広がる。しかも最近は、プレビュー画面に電子メールを表示しただけで感染するタイプが登場して猛威を振るっている。

 ワーム(worm)は、本来はミミズとか寄生虫といった類の虫のこと。

 トロイの木馬もワームも、ウイルス対策ソフトで予防できる。ただし、次々と新種が登場しているので、ウイルス定義ファイルを常に最新の状態にしておく(アップデートしておく)必要がある。

 なお厳密には、ファイルに付着して侵入する本来のコンピュータウイルスと、トロイの木馬やワームのようなプログラムは別ものとされている。しかしここでは、コンピュータやデータに被害を与える悪質なプログラム=ウイルスという広義の意味で説明している。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top