用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【トリプルプレイ】

 1本の回線で、電話(音声通話)、テレビ放送(映像)、インターネット接続(データ通信)の3つのサービスを提供すること。

 従来は、電話は電話回線で、テレビ放送は電波や CATV で、インターネット接続は電話回線や ADSL や光ファイバーといった具合に、異なる回線でサービスが提供されてきた。

 しかし、ADSL や光ファイバーなどの高速回線が普及して、IP電話が利用できるようになり、インターネットを利用した映像配信(IPTV)も可能になってきた。そこで、これらを統合して提供する動きが広がり、これをトリプルプレイ(Triple Play)と呼ぶようになった。

 具体的には、電話会社が高速インターネット接続サービスや映像配信サービスにかかわったり、CATV事業者が IP電話サービスや映像配信事業を行ったり、プロバイダー(インターネット接続業者)が IP電話や映像配信をはじめたり、3者がそれぞれトリプルプレイに乗り出している。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top