用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【データ抹消ソフト】

 ハードディスクなどに記録されているデータを完全に消すソフト。

 ハードディスクの中は、ファイルシステムの領域とクラスタ領域に分かれている。そして、ファイルシステムでデータを管理して、実際のデータはクラスタ領域に保存されている。ファイルシステムとクラスタ領域については別のページで説明しているので、できれば先に読んでほしい。

 さて、フロッピーディスクを簡易フォーマットしたり、ハードディスクのデータを消しても、実際に消えるのはファイルシステムに記録されている、何をどこに保存したという記録だけ。クラスタ領域にはデータが残っている。しかし普通は、クラスタ領域を直接見ることができない。そのため、残っているデータも見ることができない。

 ところがデータ復元ソフトを使うと、クラスタ領域を調べてファイルシステムを再構築できる。つまり、消したはずのデータが蘇ってしまう。そのため、中古パソコンから以前のユーザーが保存していたデータを復元したり、企業が廃棄したパソコンからデータを復元できる可能性がある。

 どんなデータでも、必ず復元できるわけではない。しかし、廃棄する前にハードディスクをフォーマットしただけ、といった場合は復元できる可能性が高い。

 これを防ぐため、データ抹消ソフトを使う。このソフトは、クラスタ領域にランダムな文字などを書き込んで(上書きして)くれる。そのため、データ復元ソフトでクラスタ領域に残っているデータを復元しようとしても意味のあるデータにならない。上書きするデータは、数種類の方式から選べることが多い。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top