用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【データ復元ソフト】

 たとえば、フロッピーディスクやハードディスクに保存していた大事なデータを誤って削除してしまった。誤ってフォーマットしてしまった。ハードディスクが壊れて、データが読み出せなくなった。コンピュータウイルスにデータを破壊された。といった場合に、データを復元してくれるソフト。

 ハードディスクの中は、ファイルシステムの領域とクラスタ領域に分かれている。そして、ファイルシステムでデータを管理して、実際のデータはクラスタ領域に保存されている。ファイルシステムとクラスタ領域については別のページで説明しているので、できれば先に読んでほしい。

 さて、フロッピーディスクを簡易フォーマットしたり、ハードディスクのデータを消しても、実際に消えるのはファイルシステムに記録されている、何をどこに保存したという記録だけ。さらにいうと、その記録の一部を書き換えて読めなくしているだけだ。

 というわけで、クラスタ領域にはデータが残っている。しかし普通は、クラスタ領域を直接見ることができない。そのため、残っているデータも見ることができない。そこで、クラスタ領域を調べて、ファイルシステムを再構築するのがデータ復元ソフトの原理。ただし、必ずしも完全に復元できるわけではない。

 まず、データを削除したりディスクをフォーマットしたあと、新たにデータを保存した場合。クラスタ領域に残っていたデータに、新しいデータが上書きされてしまうと、元のデータは復元できない。それと、ディスクの表面にキズが付くなど物理的に壊れている場合。これは音楽CDの裏面にキズが付いているのと同じで、この部分のデータは復元できない。

 それでも、本来はあきらめざるを得ないデータが復元される可能性が高いので、ありがたいソフトだ。復元の可能性を高めるには、マズイと思ったらすぐにデータ復元ソフトを使うこと。

 なお、このソフトを悪用すると、ハードディスクをフォーマットして廃棄したパソコンや、中古パソコンから元のデータを復元できる可能性もある。これを防ぐために、データ抹消ソフトがある。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top