用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【データ形式】

  • データフォーマット
  • ファイル形式

 パソコンの中には、無数のファイルが入っている。ファイルにはいろいろな種類があって、その違いがファイル形式になる。ファイルの種類は、まず大きくプログラムファイルとデータファイルに分けられる。

 プログラムファイルは、基本ソフト(OS)、ワープロソフト、表計算ソフト、グラフィックソフト、電子メールソフトなど、いわゆるソフトウェアと、それに関連するプログラムのたぐい。一方のデータファイルは、ワープロソフトで作った文書、表計算ソフトで作った表やグラフ、画像、音楽データ、住所録などの、いわゆるデータのたぐいだ。

 そして、データファイルにもいろいろな種類があって、それをデータ形式とか、データフォーマットという。

 データ形式は、2種類に分類できる。まず、表計算ソフトのエクセルで作ったファイルとか、ワープロソフトの一太郎で作ったファイルといったように、対応するソフトが決まっているもの。この場合、基本的には、そのソフトがないとファイルを開くことができない。

 他に、いろいろなソフトで扱える汎用的なデータ形式もある。たとえば、最も一般的なものとしてテキスト形式のファイルがある。ワープロソフトで作った文書をテキスト形式で保存すると、どんなワープロソフトでも開くことができる。ただしテキスト形式だと、文字修飾や罫線などは保存できない。詳しくは、テキストデータのページで。

 表計算ソフトやデータベースソフトのデータは、タブ区切りとかカンマ区切りという形式で保存すると別のソフトへ移すことができる。ただし、この場合もグラフや文字修飾には対応できない。

 このほか、特に種類が多いのが画像のデータ形式。ざっと挙げても、BMP、PICT、TIFF、JPEG、gif、PNG、EPSFなどがある。それぞれ別のページで説明しているので、必要に応じて見てほしい。また、音楽や映像のデータも複数のファイル形式が使われている。

 最近は、デジタルカメラで撮った写真を電子メールの添付ファイルにして送ることも多い。しかし、相手が対応できる画像データ形式にしておかないと「受け取ったけど見られない!」といったことになる。普通は、ほとんどJPEGなので、そのまま送るのが無難だ。

 なおウィンドウズは、ファイル名の後ろに付く拡張子でファイル形式を見分けている。これは非常に大事なことなので、ぜひ覚えておいてほしい。詳しくは、拡張子のページで。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top