用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【データフォーク】

  • Resource.frk
  • リソースフォーク

 マッキントッシュで作ったファイルに関する用語。マッキントッシュのデータは、データフォークとリソースフォークの二つの要素に分かれている。

 たとえばワープロ文書の場合、本文の文字はデータフォークに記録されていて、使っているフォントや画面(ウィンドウ)の大きさ、そのファイルのアイコンといった情報はリソースフォークに記録されている。

 といっても、普通にマッキントッシュを使っている場合は意識することはないし、意識する必要もない。しかし、次のような場合に、ふと疑問を感じる人が多いと思う。

 マッキントッシュは、ウィンドウズ(DOS/V)用のフロッピーディスクやMOを読み書きできる。そのため、マッキントッシュとウィンドウズパソコンでデータをやり取りするとき、DOS/V用のフロッピーを使うことが多い。

 で、マッキントッシュに保存されていたファイルをフロッピーに移して、そのフロッピーをウィンドウズパソコンで開くと、Resource.frk というワケの分からないフォルダが見えることがある(最近のウィンドウズは、初期設定では見えなくなっている)。

 これはマッキントッシュが、上記のような方法でファイル管理を行っているため。もちろん Resource.frk は、リソースフォークのことだ。ジャマに思うかもしれないけど、気にする必要はない。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top