用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デュプレックス・モード】

  • 双方向通信

 電気や電波を使った通信方法のうち、送信側からも受信側からも情報を送ることができる方式を双方向通信という。英語では、duplex mode(デュプレックス・モード)という。

 最も分かりやすいのは、電話だと思う。かけた方も、受けた方も、声で相手に情報を伝えることができる。しかも、両者が同時に話しても、それぞれの声が相手に届く。このように双方向へ同時に送れる方式を全二重通信という。

 一方、トランシーバーのように双方向で通話が可能でも、どちらか一方が話している間は、もう片方が話すことができない方式を半二重通信という。

 電話やトランシーバーなどの音声通信だけでなく、有線LANを構築するイーサネットにも半二重と全二重がある。

 初期の 10BASE-2 や 10BASE-5 といった方式は、一組の発信元と送信元が通信している間は別の機器は通信できない半二重だった。しかし、その後普及した 10BASE-T や 100BASE-TX などは、複数の端末が同時に送受信できる全二重になっている。

 なお、かつてのテレビ放送やラジオ放送のように、一方的に送られてくる情報を受信するだけの通信方式を片方向通信という。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top