用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デバイス】

 デバイス(device)は本来、「装置」といった意味。しかし IT の世界では、状況によって対象物が異なることがある。

 まず、パソコン(コンピュータ)を構成している電子部品や装置をデバイスと呼ぶ。

 具体的には、CPU、メモリー、ハードディスク、ビデオカード、キーボード、マウス、モデム、その他の記憶装置などなど。ただし、CPUから見た部品や装置をデバイスと考えることもある。さらに、状況によって一部のソフトをデバイスと見なすこともある。

 以上は、パソコン本体に関連したデバイスだけど、この他に入力デバイスとか出力デバイスといった言葉もある。それぞれ別のページで説明しているので、必要に応じて参照してほしい。

 何にしても、説明書などに「~といったデバイスをサポートする」と書いてあったら「~などの部品や機器が使える」という意味だと思えばいい。

 パソコンの画面に「デバイスが見つかりません」といったメッセージが出たら、そのとき使おうとした装置が「接続されていない」とか「使える状態になっていない」といった意味だ。付け忘れてないか、ケーブルが外れてないか、電源の入れ忘れがないかチェックしよう。

 次に、携帯できる電子端末やコンピュータ・ネットワークに接続する機器をデバイスと呼ぶことがある。

 具体的には、ノートパソコン、タブレット端末、スマートフォンなどだ。あるいは、ルーターやプリンターといった機器をデバイスと呼ぶこともある。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top