用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デスクトップテーマ】

 ウィンドウズに用意されている機能のひとつ。画面の背景(壁紙)やアイコン、ウィンドウ(画面に開く小画面)の配色、マウスカーソルの形、起動音や終了音などを、統一されたテーマで変更できる。

 デスクトップは、パソコンの画面のこと。テーマ(theme)は、会議のテーマやテーマソングのテーマと同じで「主題」といった意味。たとえば「宇宙」というデスクトップテーマにすると画面全体が宇宙ぽいデザインになるし、「自然」というテーマなら自然をモチーフにした画面になる。

 ウィンドウズXPの場合、デスクトップテーマを変えるのは簡単だ。画面の背景を右クリックして「プロパティ」を選び、「テーマ」面の「テーマ」欄で好きなものを選べばいい。

 ただし標準のままだと、あまり種類が多くない。Plus!というソフトを追加すると、かなり凝ったテーマが追加される。あるいは、自分で「デスクトップ」の背景(壁紙)や「デザイン」を自由に組み合わせて、それに名前を付けて「テーマ」として保存することもできる。

 ウィンドウズMeの場合は、「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」の中の「デスクトップテーマ」を開くと設定を変更できる。

 種類が少ない場合は、まず「コントロールパネル」の中の「アプリケーションの追加と削除」を開く。「Windows ファイル」面にして「コンポーネントの種類」から「デスクトップテーマ」を選ぶ。その下の「説明」の枠内にある「詳細」を押すと新しい画面が開くので、その中から興味のあるテーマを選んで(チェックマークを付けて)「OK」を押す。同時に複数のテーマを選ぶことができる。元の画面に戻ったら、また「OK」で閉じればいい。自動的にデータの読み込みが行われて、その後、選んだテーマが「デスクトップテーマ」の項目に出るようになる。

 なお、あまり性能が高くないパソコンに複雑なデスクトップテーマを設定すると、反応が遅くなったり動きが不安定になることがある。そんなときは、同じ手順で標準の設定に戻すといい。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top