用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デジタル署名】

 電子文書の正当性を証明するために、その文書に付け加えられる情報。

 従来、重要な書類は紙に書いて署名捺印して相手に渡したり、交換したりするものだった。今も基本は同じ。だけど、パソコンで作った文書や画面で入力した文書、さらに電子メールに添付して送った文書も正式な契約書類として有効にする方向に世の中が動いている。

 しかし、電子文書は簡単に改変できる。しかも、その痕跡が残らない。紙の文書だと、書き直しがあれば明らかに分かるし、新たに作り直すのも難しい。これが、電子文書と紙の文書の大きな違いだ。

 そこで電子文書に、送信者の身元を明らかにしたり、途中で改ざんされていないことを証明する仕組みを付け加えることが考えられた。これが、デジタル署名である。

 デジタル署名は通常、公開鍵暗号方式と呼ばれる技術を使っている。まず送り手が、公開鍵と呼ばれるデータを使って、送信する電子文書から特殊なデータを作る。そして、電子文書そのものと、公開鍵で作った特殊データの両方を送る。

 電子文書を受け取った人は、送信者の公開鍵で同じように文書から特殊データを作ってみる。そして、特殊データの内容が同じなら、途中で改ざんが行われていないことを確認できる。また、別の人の公開鍵を使うと、やはり特殊データが一致しないので、送信したのが本人ということも確認できる。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top