用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デジタルペン】

 手書きの文字やイラストを、そのままパソコンやスマートフォンなどにイメージデータとして取り込むための機器。

 たとえば、会議中のメモや、思いついたアイデアの走り書き、あるいは図やイラストなど、今もペンで手書きする機会は少なくない。しかし、それらをデータとしてパソコンなどに保存しようとすると、スキャナで取り込んだりしなくてはならず手間がかかる。

 そのため、タブレットPC や iPad など手書き入力に対応した機器も出回っているけど、やはり紙に書くのとは感覚が異なる。そこで、紙に書いた手書きの文字や図表を、そのままデータとして保存できる専用のペンが開発されていて、これを一般にデジタルペンと呼んでいる。

 現在の製品は、やや大振りなボールペンくらいの本体と、そのペン先の位置を割り出してデータとして記録するメモリーユニット(受信装置)から構成されている。

 作成したデータは、まずメモリーユニットに記録されて、それをパソコンに転送する。また、スマートフォンやタブレット端末へ直接、無線で転送することも可能になる。無線通信には、ブルートゥースが使われている。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top