用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デジタルビデオカメラ】

  • DVカメラ

 現在、主流になっているビデオカメラ。つまり動画(映像)を撮るカメラ。DVはデジタルビデオの略。もちろん、パソコンと関係なく使うことができる。しかし、パソコンと組み合わせて使うのも楽しい。

 かつて家庭用のビデオカメラといえば、8ミリやVHS-Cのテープを使うのが一般的だった。これらはアナログ方式で映像を記録していた。一方、DVカメラは、mini DV(ミニディーブイ)と呼ばれる小型のテープにデジタル方式で映像を記録する。

 といっても、普通に撮ってテレビで見る分には特に何も意識する必要ない。ただ、テープの種類を間違えずに買えばいい。それでもDVならデジタルなので、ダビング(コピー)しても画質が落ちないというメリットがある。

 最近では、パソコンのIEEE1394端子(コネクター)とDVカメラのDV端子をケーブルでつなぎ、パソコンに映像を取り込んだり、それをビデオ編集ソフトで作品にまとめるといったことが簡単にできるようになった。

 従来のアナログ方式のビデオテープからパソコンに映像を取り込むこともできるけど、この場合は映像の質が落ちる。DVカメラで撮った映像なら、パソコンに取り込んでも画質が落ちない。特に、映像の中から1画面を静止画(写真)として取り出したとき差が大きい。

 DVカメラは、テープに静止画を記録することもできる。具体的には、動かない映像が数秒間記録される。ただし、動画と静止画がまざって記録されるので、あとで静止画だけ探すのは面倒だ。

 一方、最近は多くのDVカメラが、テープとは別にメモリーカードに静止画を記録する機能も持っている。つまり、普通のデジタルカメラ(デジタルスチルカメラ)と同じように写真を撮ることもできる。ただし、記録できる解像度は最新の高性能デジカメに比べると低めだ。

 なお、DVカメラとは別に、MPEG形式で動画を記録する特殊なカメラもある。また、動画機能を持ったデジタルカメラ(デジタルスチルカメラ)も多い。ただし、これらは記録方式がまったく異なる。特に一般のデジタルカメラの動画機能は、あくまでもオマケくらいに考えておかないとガッカリすると思う。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top