用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デジタルハイビジョン】

 いわゆるハイビジョン放送には、アナログハイビジョンとデジタルハイビジョンがある。そして現在、主流になっているがデジタルハイビジョンである。

 具体的には、BSデジタル放送、東経110度CSデジタル放送の一部、地上デジタル放送がデジタルハイビジョンのサービスを提供している。BSデジタル放送が始まったのは2000年12月、地上デジタル放送が始まったのは2003年12月だった。

 ハイビジョン放送を楽しむには、ハイビジョンに対応したテレビかハイビジョン放送を受信できるチューナーが必要である。ただし、従来のテレビにハイビジョンのチューナーをつないでも画質は従来レベルでしかない。つまり、ハイビジョン放送の美しさを楽しむには、いずれにしてもハイビジョンテレビが必要ということだ。

 なお最近は、ハイビジョン放送を視聴できるパソコンも増えている。ただしハイビジョン放送のデータ量は多いので、番組をハードディスクに保存しようとすると大きな容量が必要になる。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top