用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デジタルスチルカメラ】

  • デジカメ
  • デジタルカメラ

 撮影した画像をデジタルデータとして記録するカメラ。デジタルカメラを、デジカメと略すことが多い。

 カメラは、もちろん写真を撮る道具。しかし、ビデオを撮る道具もカメラという。そこで正確には、写真を撮る方をデジタルスチルカメラ、デジタル方式で映像を撮るカメラをデジタルビデオカメラという。しかし、単にデジタルカメラというと普通は写真を撮る方を指す。今は、デジタルスチルカメラでも動画が撮れるし、デジタルビデオカメラでも静止画が撮れるけど、もともとどちらの機能がメインかということで分けてほしい。

 デジタルカメラはフィルムを使わない。最初から、画像データとして写真を記録する。画像の記録には、SDメモリーカードなどのメモリーカードを使う機種が多い。記録用のメモリーを内蔵している機種もある。

 画像データとして写真を保存するので、現像もプリントもいらない。写真は、テレビやパソコンの画面で見る。ほとんどのデジタルカメラに液晶画面が付いているので、これで見ることもできる。しかしこれは基本的に、撮影するときや撮ったあとで写真を確認するために使う。

 紙の写真にしたいときは、パソコンにつないだプリンタで印刷するのが一般的だ。パソコンなしで、直接印刷できるプリンタもある。以前は昇華型プリンタを使うことが多かったけど、今はインクジェットプリンタでも従来の写真と見分けがつかないほど美しく印刷できる。また、写真店などにデータを持ち込んだり、インターネットを通じて印刷してもらうサービスもある。

 このほかデジタルカメラの利用法として多いのは、ホームページに載せる写真を撮ること。当初は普通に現像プリントした写真をスキャナで読み込んだり、フォトCDにしたり、かなり手間がかかった。しかし、デジタルカメラで撮影した写真は最初から画像データなので、簡単にパソコンに取り込める。取り込んだあとの処理もラクだ。

 デジタルカメラの画質は、CCD や CMOSセンサーという光を感じる人工の目のような部品の画素数が目安になる。一般的には、画素数が多いほど大きな画像として記録できる。その結果、細部まで詳細に写る。画素数には総画素数と有効画素数があって、最近は有効画素数を優先的に表記するようになっている。

 当初は、100万画素以下のデジタルカメラが多かった。このクラスだと、パソコン画面で見るとキレイでも印刷するとアラが目立った。その後、200万画素から500万画素クラスの時代を経て、今は1000万画素以上が標準になっている。このクラスだと大きく印刷しても美しい。なお、100万画素のことを、かつてはメガピクセルといった。

 さらに、レンズ交換が可能な一眼レフ型のデジタルカメラも普及して、ますます画質が良くなっている。今は、一部の作品作りを除いて、プロの間でもデジタルカメラの使用が当たり前になった。

 一方で、携帯電話やスマートフォンに搭載されているデジタルカメラ機能も性能と画素数が上がってきた。撮影条件が良ければ、ある程度のクオリティの写真が撮れることもある。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top