用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デジタルサイネージ】

  • 電子看板

 デジタルサイネージを英語で書くと、digital signage。signage は、sign(サイン)から派生した言葉で、「掲示」といった意味。

 デジタルサイネージは、液晶ディスプレイやプラズマ・ディスプレイ・パネル、LED 、映像プロジェクターなどを使って、公共の場で情報や広告を流す表示機器の総称。電子看板、デジタル掲示板、電子ディスプレイ、電子情報ボードなど、さまざまな呼び方があるけど、基本的に同じものと考えていい。

 どれも、目に付くのは情報を表示するパネルの部分だけだけど、表示する情報を保存しておく記録装置、遠隔地から新しい情報を送り込むための通信装置などがセットになっている。

 大型のものだと、ビルの壁面やイベント会場に設置された大型ディスプレイがそうだし、小さなものだと店頭に置かれた広告表示パネルや電車のドアの上についている情報表示装置もそうだ。これらの中間として、公共施設のロビーなどに置かれた液晶テレビくらいの装置がある。

 従来、こうした場所で情報を提供するには、紙のポスターを貼ることが多かった。あるいは、テレビを置いてビデオ映像を流すケースもあった。単純に考えると、こうした方法の方が安くて手軽なように思う。

 だけど、紙のポスターは絵を動かすことができない。一定期間、貼りっぱなしで、情報を変えるには人間が1枚1枚、手で貼り替えないといけない。テレビでビデオ映像を流すときも、情報を入れ替えるには新しいビデオを配布しないといけない。意外に手間がかかる。

 一方、デジタルサイネージにすると、通信回線を使って遠隔地から一斉に情報を送ることができる。そのため、素早い情報の更新が可能。間違いがあれば修正できるし、イベント情報やバーゲン情報なども状況に応じて変更していくことができる。

 あるいは、コンビニ向けの情報、本屋さんの向けの情報、ホテル向けの情報など、配信先に合わせた情報を流すことも可能。もちろん、静止画と動画の使い分けもできる。さらに災害などの緊急時には、避難情報を流すといった公共性を持たせることも可能だ。

 ということで、デジタルサイネージは機器のコストと設置費用、通信回線費用などがかかるけど、運用が始まるれば使い勝手がいい。必要なら、どんな情報を何回表示したかデータを収集することも可能。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top