用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デジタルガジェット】

  • Gadget
  • ガジェット

 Gadget(ガジェット)は本来、「気のきいた小物」「目新しい道具」「ちょっとした装置」といった意味の英単語。

 で、特にパソコン関連の世界では、目新しくてマニアの興味をひくような電子機器や情報機器をデジタルガジェットと呼ぶことが多い。もちろん単に、ガジェットということもある。

 たとえば、最近の PDA は多機能で実用性も高い。しかし、どうしても持たなければならない理由は少ない。実際、パソコンや携帯電話に比べると普及率が低い。どちらかというと、そういった情報機器が好きな人のオモチャ、そういった人の趣味の対象といった感じの機種もある。そういう意味では、多くの PDA はデジタルガジェットといえるだろう。

 何がデジタルガジェットで、何が違うかという厳密な定義はない。しかし一般的には、それ単体でも機能するものでないとデジタルガジェットと呼べないように思う。たとえば、多機能な携帯電話、デジタルカメラ、携帯型のデジタルオーディオプレーヤー、ICレコーダーなどはデジタルガジェットと呼んでもおかしくない。

 一方、パソコンに接続しないと使えない周辺機器は、デジタルガジェットとは呼ばない。たとえば、プリンタとかスピーカーとか。ものすごく凝ったマニアックなマウスならガジェットと呼べるかもしれないけど、やはり少し違う感じがする。でも、そういう意味では、やはり「興味をひく」「ちょっと自慢できる」というのも重要なポイントだと思う。

 このほか、ちょっと便利なソフトや役立つ機能をガジェットと呼ぶケースもなくはない。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top