用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【デイジーチェーン】

 一般的には、パソコンに周辺機器を数珠つなぎにすること。

 最も代表的だったのが、SCSI という規格に対応したハードディスクや、外付け型の光学ドライブをつなぐケース。当時は、MOドライブやスキャナなども SCSI でつなぐことが多かった。

 こういった機器の裏側には、同じコネクターがふたつずつあった。最初の機器は、一方のコネクターとパソコンの SCSIコネクターを SCSIケーブルで接続する。

 もう一方のコネクターは、2台目の機器のコネクターにつなぐ。2台目の機器の、もう一方のコネクターは3台目の機器につなぐ。このように、順ぐりに接続していくことをデイジーチェーンという。

 通常の SCSI では、このようにして最大7台の機器を接続できた。最後の機器は片方のコネクターが余ってしまうけど、ここにはターミネータという小さな部品を付けておく。ただし後期には、機器に内蔵したターミネータをディップスイッチで有効にする方式が多かった。この場合は、何も付けなくていい。

 このほか、10BASE-T などの方法で LAN を組む場合に使う、ハブという装置も必要に応じて連結して使うことがある。そのための専用の接続口があって、そこにデイジーチェーン(Daisy Chain)と書かれていることがある。ただし、この場合はカスケード接続ということが多い。

 なお、デイジーチェーン(daisy chain)は本来、くさり状につないだヒナギクの花輪のこと。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top