用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ディーブイディー・ラム】

  • DVD-RAM

 繰り返し、データの書き込みや書き換えができるDVD。

 一般にDVDというと、映画やアニメを記録したDVDビデオや、パソコン用のデータを記録したDVD-ROMを指すことが多い。しかし最近は、自分でデータを記録できる書き込み型DVDも普及している。

 DVD-RAMは、この書き込み型DVDのひとつ。ほかに、一度だけデータの書き込みが可能なDVD-RやDVD+R、データの書き換えも可能なDVD-RWやDVD+RWがある。

 具体的な利用法としては、パソコンの外部記憶装置としてデータの保存に使うといい。パソコンで作った文書やデジタルカメラの写真といったデータを保存するなら、書き込み型DVDのなかではDVD-RAMが最も使いやすい。

 ほかの書き込み型DVDは、データを記録するためにライティングソフトを使う。しかしDVD-RAMは、フロッピーディスクやハードディスクと同じように、通常の保存操作やコピー操作で簡単に記録できる。また、DVD-RWやDVD+RWは書き換え可能な回数が約1000回なのに対して、DVD-RAMは約10万回と桁違いに多い。

 記憶容量は、4.7GB(片面タイプ)と9.4GB(両面タイプ)の2種類。以前は、2.6GBや5.2GBのメディア(ディスク)もあった。また、他の書き込み型DVDがすべて剥き出しなのに対して、DVD-RAMだけはカートリッジに入ったメディアと剥き出しのメディアがある。

 DVD-RAMにデータを記録するには、DVD-RAMドライブ(読み書き装置)が必要だ。今は、DVD-Rと兼用のDVD-RAM/Rドライブが多い。

 マイナス点としては、DVD-RAMに記録したデータはDVD-RAM対応のドライブでしか読み出せないこと。最近は、DVD-RAMからデータを読み出せるDVDドライブやDVDプレーヤーもあるけど多くはない。そのため、別の機器でも読み出すときはDVD-Rを使うといい。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top