用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ディーブイディー・プラス・アールダブリュー】

  • DVD+R
  • DVD+RW

 DVD+Rは、一度だけデータの書き込みができるDVD。DVD+RWはデータの書き換えもできるDVD。記憶容量は、どちらも4.7GB。いわば、大容量のCD-RとCD-RWにあたる。

 一般にDVDというと、映画やアニメを記録したDVDビデオや、パソコン用のデータを記録したDVD-ROMを指すことが多い。しかし最近は、自分でデータを記録できる書き込み型DVDも普及している。

 DVD+RとDVD+RWも、この書き込み型DVDの仲間だ。他にも、一度だけデータの書き込みが可能なDVD-Rや、データの書き換えも可能なDVD-RAM、DVD-RWがある。また、片面に2層の記録層を持ち、記憶容量が8.5GBにアップした DVD+R DL もある。DVD-RWと区別するために、DVD+RWを「プラス・アールダブリュー」と呼ぶことが多い。

 DVD+RWにデータを記録するには、DVD+RWドライブ(読み書き装置)が必要だ。最近は、DVD-RWにも対応した兼用ドライブも登場している。DVD-ROMの読み出しとCD-R/RWの読み書きにも対応している。

 なお、DVD+Rの専用ドライブは発売されていない。そのため、DVD+Rにデータを記録するときは、DVD+Rにも対応したDVD+RWドライブを使うことになる。

 DVD+RWに記録したデータは、テレビにつなぐDVDプレーヤーやパソコンに内蔵されたDVD-ROMドライブで読める可能性が高い。DVD-RWも、これらの機器で読める可能性が高いけど、DVD+RWのほうがさらに高い。データの書き込にはライティングソフトを使う必要があるものの、フォーマット(初期化)や書き込みの時間も短い。さらに、容量が余っていればデータの追記も可能だ。

 こうした点から、DVD+RWはDVD-RWを改良したものと考えると実状にあう。実際、使い勝手の良さに対する評価は高い。

 ただし、ひとつ知っておきたいことがある。DVDの規格は、DVDフォーラムという組織が作ってきた。DVDビデオをはじめ、DVD-ROM、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAMは、この組織によって承認された国際規格だ。

 一方、DVD+RとDVD+RWは、DVDアライアンスという別の組織が作った規格。こちらにも国内外の大手企業が参加しているけど、その数はDVDフォーラムより少ない。今後、DVD+RWがどこまで勢力を伸ばせるか気になるところ。

 DVDフォーラムは、書き込み型DVDの規格乱立を解決するために、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAMのすべてを読み書きできるDVDマルチという規格も作っている。しかし、別組織の規格であるDVD+RWはDVDマルチに含まれていない。ただし現在では、DVD+RとDVD+RWにも対応した DVDスーパーマルチドライブ も登場している。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top