用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ディレクトリエントリー】

 パソコンでもサーバーでも、通常、データはディレクトリと呼ばれる階層構造で管理されている。そして、各ディレクトリの中にあるファイルの名前や実際の保存先、作成日時、更新日時、ファイルの属性、大きさなどを記録している専用ファイルをディレクトリエントリーという。

 実際の保存先というのは、たとえばハードディスクならハードディスクのどの部分に実際にデータが記録されているか、という情報である。

 ハードディスクに限らず記憶装置は、管理領域とデータ領域に分かれている。これを本に例えると、管理領域が目次で、データ領域が本文のようなもの。そして通常は、管理領域にある情報で、データ領域のどの部分にファイルが書き込まれているか調べる。

 一般に、この管理領域をファイルシステムといって、ファイルシステムでファイル名や保存先、ファイルのサイズなどを管理しているように思われているケースがある。

 しかし実際には、狭義のファイルシステムではデータ領域のどの部分をどんな順番で使っているか管理しているだけ。実際のファイル名などはディレクトリエントリーに記録されている。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top