用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ディスケット】

  • FD
  • フロッピーディスク

 パソコンのデータを記録しておくメディアのひとつ。FDは、フロッピーディスクの略。外資系メーカーを中心に、フロッピーディスクをディスケットと呼ぶこともある。

 ひとくちにフロッピーディスクといっても、いろいろな種類がある。

 まず、2DDと2HD。この違いは、別のページで説明しているので必要に応じて参照してほしい。現在のパソコンは、どちらでも使えるので、普通は容量の大きな2HDを使う。

 パソコン用の2HDフロッピーディスクにも種類がある。DOS/V用とPC-98用とMacintosh用、それとアンフォーマットだ。PC-98は、かつてNECから発売されていたPC-98シリーズというパソコンのこと。

 フロッピーディスクを使うときは、そのパソコンに合わせて初期化(フォーマット)という作業をする必要がある。アンフォーマットは「初期化してありません」という意味で、使う前に自分でフォーマットする。

 しかし、いちいちフォーマットするのは面倒なので、主な機種に合わせてフォーマット済みのフロッピーディスクが販売されてきた。それが、DOS/V用、PC-98用、Macintosh用というわけだ。自分が使っているパソコンに合わせて買えばいい。間違って買っても、自分のパソコンに合わせてフォーマットし直せば問題なく使える。

 それと実際には、DOS/V用はPC-98シリーズでもマッキントッシュでも使える。そのため違う機種間でデータをやり取りするときは、DOS/V用を使えば間違いない。ちなみに、DOS/V用とMacintosh用の容量は1.44MBだけど、PC-98用の容量は1.25MBだ。

 さて、いま使われているフロッピーディスクは、3.5インチというサイズで、四角いプラスチックのケースに納まっている。中には磁気を帯びたプラスチックの円盤(ディスク)が入っていて、それを回転させながら磁気でデータを記録する。

 フロッピーは「ペラペラした」という意味。昔は5インチや8インチといった大きなフロッピーディスクもあって、これらは紙のケースに納まっていたので本当にペラペラしていた。

 フロッピーディスクのデータを読み書きする装置をフロッピーディスク・ドライブという。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top