用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ディスクアットワンス】

  • セッションアットワンス
  • トラックアットワンス

 CD-R や DVD-R などのメディアにデータを書き込む方法や方式を表す言葉。

 CD や DVD は、データの書き込み方に制約が多くて、USBメモリーやメモリーカードにファイルをコピーするようなわけにはいかない。そのため CD-R も DVD-R も、通常は専用の書き込みソフト(ライティングソフト)を使って、一気に途切れずにデータを書き込む必要がある。書き込みに失敗すると、そのディスク(メディア)は二度と使えない。

 ディスクアットワンス(Disk at once)は、CD-ROM などをまるまる全部そのままコピーする方式。簡単で失敗も少ない。ただし、この方法だと、あとからデータを書き足すことができない。

 トラックアットワンス(Track at once)は、トラックという単位で書き込む方式。この方式だと、CD-R や DVD-R のディスクに空きがあれば追加の書き込みも可能。ただし最高、99トラックまで。

 セッションアットワンス(Session at once)は、セッションという単位で書き込む方法。データ本体と、その位置を示すデータ、終わりを示すデータで、一組のセッションになっている。CD-R や DVD-R のディスクに空きがあれば追加の書き込みも可能だ。

 ほかに、パケットライトという方式もある。これはパケットという単位にデータを区切って書き込む方式で、あとから簡単にデータを追加して書き込むことができる。ただし、パケットライト専用ソフトを使う必要がある。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top