用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【テーブル】

  • フィールド
  • レコード

 データベースソフトを使うときに出てくる言葉。フィールドやレコードは、はがき作成ソフトなどの住所録でも出てくる。

 まずレコードだけど、これはデータベースに記録された1件分のデータのこと。住所録なら1人分のデータ、製品管理データベースなら1製品分のデータになる。

 ひとつのレコードの中には、複数の入力項目がある。住所録なら、郵便番号、住所、名前、電話番号といった具合。これらの入力項目をフィールドという。

 データベースに記録してあるデータを、レコードごとに表示した場合は、レコードの中にフィールドが並んでいる形になる。これは、いわゆるカード形式と呼ばれる形でわかりやすい。

 しかし、高機能なリレーショナル型データベースだと、表計算ソフトのように縦横の升目に項目を一覧表示することが多い。そして、横方向にフィールドの項目が並び、1レコード分のデータが1行で表示される。この状態をテーブルという。

 つまり、テーブル=ひとつのデータベースということになる。そして、リレーショナル型の場合は、いま開いているテーブルから、別のテーブルに記録されているデータを呼び出して見ることもできる。

 データベースソフトを使うときは、最初に「フィールドの定義」「レコードの定義」「テーブルの定義」といった作業が必要になる。言い方は違うけど、実はどれも同じ意味だ。要は、レコードの中にどんなフィールド(入力項目)を作るか決めればいい。

 通常、フィールドの名前だけでなく、入力するデータの種類やデータ長なども決める必要がある。しかし、ほとんどのフィールドは、データの種類をテキストにしておけばいい。ただし、会員番号のように明らかに数字しか入力しないフィールドは、数字に設定しておけば間違って文字を入力するといったことを防止できる。

 なお、データベースソフト以外でも、データを一覧表の形で表示(記録)したものをテーブルと呼ぶことがある。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top